読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

人の職業を笑うな

you can (not) find a vocation

理想の宮崎あおい 18選

 
突然ですが、私は宮崎あおいが大好きです。
 
どのぐらい好きかと申しますと、14歳の頃から28歳の今までずっと好きなので、人生の半分が宮崎あおいでできていると言っても過言ではないくらい、好きです。
 
そういう意味では、あのミスターチルドレン桜井和寿も「その香り その身体 その全てで僕は生き返る」(『口笛』2000年1月発売)という歌詞を書いており、恐らくこのフレーズも当時の私の宮崎あおいへの想いを代筆したものではないかと考えられます。
 
ほかにも6万個くらい宮崎あおいとのエピソードは語れますが、今回はそんな私がこの14年間ずっと温めてきた「理想の宮崎あおい」を厳選して紹介したいと思います。
 
 
 
※僭越ながら以下、執筆へのモチベーションのために彼女のことを「あおい」と呼ばせていただきますことをご了承ください。
 
 
 
 
 
 1.下校した僕を走って追いかけるものの見当たらずキョロキョロしているあおい
 
あおい「はぁ、、はぁ、、どこ言っちゃったの...?」
 
僕の乗ったバス「ブゥーン」
 
 
息きれてる感じ最高。
 
 
 
2.カラオケでソラニンを歌うことになり、照れるあおい
 
あおい「ひさびさだからなぁ…えへへ」
 
僕「今のでもう死ねる」
 
 
照れると下唇ちょっと噛んで笑う感じ最高。
 
 
 
3.お酒を飲みながら好きな映画の話で盛り上がるあおい
 
あおい「だーかーらー! あの映画語らせたら私に叶う人なんていないってばぁー!」
 
僕「そうだね! そうだよ! うん!」
 
 
語らせたくて最高。
 
 
 
4.久々に親に手紙を書いているあおい
 
あおい「おげんきですか・・・と、ん? ちょっとカタいかなこれ・・・」
 
僕「絶対よろこぶマジでよろこぶ」
 
 
顔を机にめっちゃ近づけて書いてるかんじ最高。
 
 
 
5.買い物のときに値段をほとんど見ないあおい
 
あおい「これと…、あ、これもいーなー! かわいー!」
 
僕「よし全部買おう」
 
2ヵ月後にカード破産でもいい最高。
 
 
 
6.遅刻してしまった僕に頬をふくらませて怒ったふりするあおい
 
あおい「おっそいよぉ5分遅れっていったじゃんー」
 
僕「ごめんいまのもう一回やってもらっていい?」
 
 
もうちょっと待たせてみたい最高。
 
 
 
7.ちょっと体調が悪いあおい
 
あおい「ちょっっと体調悪いだけだから、大丈夫!」
 
ぼく「うん救急車呼ぶから。ちょっと待っててほんと」
 
 
冷えぴた貼ってやりたい最高。
 
 
 
8.お忍びでマックに行ってうれしそうなあおい
 
あおい「やばい、どーしよ、どれ選ぼ? 最近どれ有名?」
 
ぼく「なにそのイタズラな笑顔。天使なの?」
 
天使最高。
 
 
 
9.テンションあがって他の映画のシーンまでやってくれちゃうあおい
 
あおい「好きだ、バカっ!」
 
僕「きたー! 吉高由里子きたー!」
 
 
こっちが好きだ! バカっ! 最高!
 
 
 
10.急に横断歩道の白線だけ歩くゲームをやり始めるあおい
 
あおい「ひょいっ、ひょいっ、ひょいっ」
 
ぼく「罪すぎる」
 
 
絶対やってほしい最高。
 
 
 
11.ドラクエⅤでフローラを選んだ僕を本気で怒るあおい
 
あおい「なんで!? これまでずっと一緒だったんじゃん! なんでそういうことすんの!?」
 
ぼく「ごめんねパパス死ぬとこからやり直そう」
 
 
僕が悪い最高。
 
 
 
12.急にすごい毒を吐くあおい
 
あおい「さすがに稲妻チューズデイは笑ったよねー」
 
僕「急に毒きた」
 
 
でもかわいい最高。
 
 
 
13.長澤まさみと遊んだことを知って意地悪いってくるあおい
 
あおい「で、まさみちゃんともそんな風に楽しく過ごしちゃったわけねー」
 
僕「いや、楽しく過ごしたわけじゃなくて……」
 
 
違うんだ、わかってくれよあおい最高。
 
 
 
14.たまに弱さを見せるあおい
 
あおい「わたしだって、演技じゃなく泣きたいときとか、あるよー…」
 
僕「しっとりしたティッシュ買ってくる」
 
 
アザラシの赤ちゃんのパッケージのやつ最高。
 
 
 
15.鍋奉行なあおい
 
あおい「ちょっとーそれまだ食べちゃだめだって言ったじゃんー、もー、怒るよー?」
 
僕「怒ってください」
 
 
ゲレンデが溶けるほど鍋したい最高。
 
 
 
16.おばあちゃんに席を譲ってあげたらおばあちゃんがあおいのこと芸能人だって気付いちゃって「あらまぁやだ」って声だそうとするんだけどバレたくないから「シーッ」ってやった後のあおいまでカウント3,2,1
 
あおい「ナイショにしててくださいねっ」(小声)
 
僕「でもちょっとは自慢してくださいねっ」(小声)
 
 
僕の下半身クランクアーップ! 最高ー!!
 
 
 
17.雨に濡れた仔猫がダンボールに2匹も入っててすごくかわいい声でミャーミャー泣くもんだから思わず立ち止まったものの一匹は自分で飼えそうだけどもう一匹どうしようって考えてるところをちょうど僕が通りかかったもんだから思わず声をかけてくるビニール傘を持ってちょっとコートの裾が濡れてるあおいまでカウント3,2,1
 
あおい「あのー、、猫、好きですか……?」
 
僕「幸せにします」
 
 
すきだっ! ばかっ! 最高!
 
 
 
18.オリンパスのPENを持って動物園までデートにきたけどペンギンは水族館にいることに気付いてショックを受けつつでもせっかくのデートだから楽しい顔してあげたいなって思ってムリにでも微笑んでくれようとするけどでも絶対に今日はペンギンさんと一緒に写真映りたかったなーそのためにペンギンの柄っぽいモノクロコーデしてきたのに残念すぎるーどうしようかなちょっと相談してこれからでも水族館いけないか聞いてみようかなーと考えているあおいの「あのさー」までカウント3,2,1
 
あおい「あ、の、さぁー」
 
僕「ペンギン捕まえてきた」
 
 
感無量。最高。
 
 
 
いかがでしたか? みなさんの中にいるあおいが今日も元気なことを祈って、終わりにしたいと思います。それでは、また。
 
 
 
ツイッターやってます